大田区西馬込で多くの喜びの声で評判の世界一ソフトな整体です

症状別来院目安と治療回数 頭痛、首肩こり

むくみ

むくみは水分を取りすぎたから起こるのではありません。
改善させる正しい知識、効果的な体操、整体とは?

来院目安

スネの部分をぎゅっと指で押してみて、跡が残る時。
朝履いていた靴が夕方きつくて履きづらいと感じた時。

治療回数

整体と足首をしっかり動かす体操をすることにより、
6回前後で改善してきます。

原因

むくみは皮膚の下にたまった余分な水分で、実は夏の方がむくみが出やすいのです。
体の中の水分は、動脈から毛細血管を通って細胞の間にしみ出て、細胞に栄養や酸素を届け、老廃物などを回収して静脈やリンパ管に戻るという循環を続けている。この循環が滞った状態がむくみです。夏は血管が広がって、しみ出る水分も増えるため、むくみが起きやすくなるという訳です。
足にむくみが出ているかどうかを調べるには、足のすねの骨の上、いわゆる「弁慶の泣き所」をぎゅっと指で押してみて、あとが残るかどうかをみる。すぐに消えればむくみはない。
立ち仕事や座ったままの姿勢が続くなど足を使わないライフスタイルが足のむくみを引き起こします。足のふくろはぎの筋肉は収縮することで、血液を心臓に戻すポンプの役割を果たしています。足の筋肉を使わないと、重力で水分は足にたまり、むくみはひどくなる一方です。
男性より筋肉の量が少ない女性の方がむくみやすい。加齢で筋肉が弱った人や、締め付けの強い下着などを着けている人も注意が必要です。

対策法

  • 座って足首の曲げ伸ばしをするだけで、ふくろはぎの筋肉を使うので、血流が良くなります。@かかとを地面につけて、つま先を上げる Aつま先を地面につけて、かかとをあげる。@Aを繰り返し行って下さい。足首をしっかりと動かすことがポイントです。
  • むくみ防止用のストッキングがありますが、はいた後に「痛い」「しびれる」「足の指の色がおかしい」など感じた時は血行障害になる恐れがあるので脱いだ方がいいです。
  • 血の巡りを良くするために運動をして汗をかいて水分を出す。あと体を冷やさない。
  • 特に骨盤周囲には腰から脚への血管が多く走っているので、骨盤の歪みがあると血管が圧迫されるだけでなく、関節の動きが悪くなり本来果たすべき下半身へのポンプの役割が果たされなくなり、むくみが出やすくなります。骨盤の歪みを整えるとポンプの機能が回復し、ダムを全面開放したようにいっせいに血行がよみがえり、むくみの根本からの解消につながります。

注意

むくみを起こす理由は様々です。代表的なのは腎臓の病気。腎機能が落ちて、水分を排出できず、全身のむくみとともに尿の出が悪いなどの症状があらわれます。肝臓や心臓、甲状腺の機能が落ちている時も、むくみが現れます。だるさや息苦しさを伴うなど、いつもとは違うむくみ(下記参照)を感じたら、病院を受診して下さい。

  • むくみと一緒に、息切れ、疲れやすい、尿の出が悪い、急に体重が増えたなどの症状がある
  • 片足や片手だけむくむ
  • 足以外に顔や手にむくみがある
  • 朝になってもむくみが取れない
  • いつもと違うむくみがある
  • 脈拍数が1分間に60を切るほど少ない
  • 冷えを強く感じるようになり、体調を崩しやすい。

その他の症状を見たい方はこちら >>>

すぐに来院したい方は、お電話ください!

施術・外出中の場合には、電話に出られないことがあります。
その際には、留守電にお名前とお電話番号をお伝えください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

ライフエイドカイロプラクティック / 電話:03-3772-5585 / 〒143-0026 東京都大田区西馬込2-2-1 小沢ハウス101