大田区西馬込で多くの喜びの声で評判の世界一ソフトな整体です

症状別来院目安と治療回数 頭痛、首肩こり

五十肩

なぜ首、背骨が五十肩と関係しているのか?
これがわかれば五十肩は著しく改善されます。

来院目安

服の着替えが辛い、後ろのポケットに手が回らない。
肩より上の物を取ることができない。
腕が重だるい、寝返りをすると痛くて目が覚めたとき、
治療が必要な時期だと思って来院して下さい。

治療回数

8〜10回ほど必要となります。
リハビリをしっかり行う事が早期改善の鍵になります。

原因

五十肩中年期以降に肩の痛みを訴え、肩の関節可動域が減少する一般的な呼び名ですが、原因は肩こりや背中の筋肉の張りが強くなっていること。特に肩甲骨周囲はカチカチで、肩甲骨の内側のすき間に指を入れようとしても、筋肉が固くて指が全然入りません。
あと肩関節や鎖骨、肋骨、背骨のズレや動きの悪さが問題になっていることや、首の骨の歪みによって、首から肩への神経の流れが阻害されて肩の動きが悪くなっているケースも多く見られます。
これらを独自の整体で改善することにより、肩の上がり具合は劇的に変わります。

症状

よくある症状としては腕が重だるかったり、上げた時に痛みが走ることが多いです。
肩の炎症症状がおさまった後は「癒着」などを起こし、肩がセメントで固められたようになって動きがとれなくなってしまいます。
これが五十肩の「こわばり」の原因にもなっているわけです。炎症が軽いか、ほとんど無い場合でも長時間関節を動かさないでいると、中年以降は癒着などが起こりやすくなります。
これを防ぐためには、適切な運動をして関節を動かすようにしなければなりません。

リハビリ

五十肩は自分で行うリハビリでかなり改善されます。私の臨床経験からリハビリを毎日行った患者さんは予定治療期間の半分でほぼ良くなっています。
リハビリとしては@ゴムチューブを使って肩の関節を固定している筋肉のトレーニング 
A傘などを使って肩の関節可動域を広げるトレーニング などです。
あと横向きで寝る習慣がある人が、下にした方の肩が五十肩になる可能性があります。なるべく仰向けで眠るようにしましょう。

治療期間

一般的に発症してから治療に入るまでの期間がかなりあいてしまうことが多いです。
夜間痛がある場合は最低3ヶ月はかかります。しかしリハビリを行えばほとんどの場合、短期間で大幅改善していますので安心してください。
リハビリや治療をしなくても安静にしていればいつかは治りますが、肩の関節が完全に癒着を起こしてしまい、以前のように腕が上がらなくなる可能性があります。

その他の症状を見たい方はこちら >>>

すぐに来院したい方は、お電話ください!

施術・外出中の場合には、電話に出られないことがあります。
その際には、留守電にお名前とお電話番号をお伝えください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

ライフエイドカイロプラクティック / 電話:03-3772-5585 / 〒143-0026 東京都大田区西馬込2-2-1 小沢ハウス101