大田区西馬込で多くの喜びの声で評判の世界一ソフトな整体です

症状別来院目安と治療回数 頭痛、首肩こり

スネの痛み

電気治療やマッサージだけではなかなか治らないスネの痛み。
なぜ当院の整体は短期間で改善し、スポーツに復帰できるのか?

来院目安

足首の曲げ伸ばしをして痛みが出た時。
階段の昇降時に痛みが強くなったら。
当院では疲労した筋肉をほぐすだけではなく、
骨盤の傾斜を調整したり、足のアーチを整えて
足首のバランスを取ることにより、大腿や下腿の
筋肉の緊張を緩和させる整体を行っております。

痛みを根本から治したいと思っている方は
是非一度ご相談下さい。

治療回数

その方がどの位の頻度で運動しているかにもよりますが、
6〜10回ほど必要です。

原因と鑑別法

まずスネの上部が痛む場合はオスグッド病が考えられます。
原因はスポーツによる疲労と骨や筋肉などの組織の成長が関与していると考えられています。バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多く見られる、オーバーユースに起因するスポーツ障害です。
大腿(太もも)の筋肉の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、相対的筋短縮(筋肉が硬い)状態を招いた結果、そのストレスが末梢のスネ周辺に蓄積するために起こる慢性・疲労性障害です。
好発年齢として12〜20歳で特に10代の男性に多いのも特徴です。
ジャンプやダッシュなどによる膝の屈伸動作を頻繁に、かつ長時間にわたって行う場合、大腿の筋肉が収縮することにより、膝蓋骨やその下にある腱が過度に繰り返し引っ張られることにより、スネ周囲に微細損傷を引き起こします。

スネの下部が痛む時はシンスプリントが考えられます。これはスネ付近の筋肉の疲労による炎症でマラソンランナーやバスケット、バレエをする方に多くみられます。
筋肉の疲労以外の原因として、スネの筋肉は足の部分に付着しているのですが、足部にはアーチ(土踏まず)と呼ばれるものがあり、これが機能すれば衝撃を吸収してくれますが、このアーチが潰れてしまうと衝撃吸収が上手くできなくなり、足のバランスが崩れて下腿部の筋肉や骨に大きな負担が掛かります。痛みの度合いとしては
グレードT 運動し始める時は痛いが、アップが終わって体が温まると痛くない。
グレードU 運動中ずっと痛い・・・骨膜炎の可能性が高い
グレードV 運動をしていても、していなくても常に痛い・・・疲労骨折の可能性が高い

リハビリ

練習後に疲労を残さないように、しっかり大腿や下腿(スネとふくろはぎ)のストレッチやマッサージをすること。あとアイシングをして症状を進行させないことが大事です。

その他の症状を見たい方はこちら >>>

すぐに来院したい方は、お電話ください!

施術・外出中の場合には、電話に出られないことがあります。
その際には、留守電にお名前とお電話番号をお伝えください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

ライフエイドカイロプラクティック / 電話:03-3772-5585 / 〒143-0026 東京都大田区西馬込2-2-1 小沢ハウス101