大田区西馬込で多くの喜びの声で評判の世界一ソフトな整体です

医メール(医療・健康に関するコラムです。)

人生の出来事型ストレス

人生の出来事型ストレス春になると体調がおかしくなる人が増えているといいます。

その原因の1つと思われているのが人生の出来事型ストレスと呼ぶ存在です。

3〜4月は年度替わりとなることもあり環境の変化が伴う季節でもあります。春は生物にとってホルモン代謝が変化する時期です。
そのため隠れていた病気が現れやすい時期といえます。

現代人にとって社会的ストレスが引き金になりやすい面は多々あります。
社会的ストレス(人生の出来事型ストレス)を測る有名なチェックリスト(右の表を参照下さい)があります。
1967年に米国の社会学者と精神科医が発表したものですが今でもよく使われています。

配偶者の死を100、結婚を50として、様々な人生の出来事型ストレスの値を決め、1年間の数値の合計が300点以上になると約8割、200〜300点では過半数の人が何らかの変調をきたすという結果になっています。

日本でのチェックリストを使った調査では、慢性疲労症候群(原因が特定できない疲労が半年以上続く病態)の患者を対象にしたものがあります。

大阪大学付属病院に通う患者と健康者を比較検討したもので、慢性疲労症候群患者の人生の出来事型ストレスは平均223点と健康者112点の倍近くになっています。

ストレスは外界からの刺激に対する身体の反応なので、嫌な事、辛い事だけがストレスになるわけではありません。
嬉しい事、楽しい事もストレスになります。

身体を守るシステムは恒常性を保つことが基本。
急激な変化には弱いことを認識しておきましょう。

春先は気温の変化が大きい。それだけでも身体への影響は大きいが、ストレス過多の状態は天候過敏症になりがちだといいます。

精神疾患患者の半数以上は天候過敏症という研究報告もあります。

人生の出来事型ストレスまた新年度を迎える3〜4月は歓送迎会や花見でお酒を飲む機会が多く、肝臓に負担が掛かりやすいです。

肝臓は新陳代謝を支える主力工場。
肝臓をいたわる生活を心掛けることも春の体調管理のコツになります。

陽気が良くなれば活動的になるのは自然の理。
ただし無理をせず徐々に行うことが大事です。

春の季語に「のどか=長閑」という言葉がありますが、春の体調管理にも当てはまります。
のどかな気持ちで乗り切りましょう。

[ストレス値 チェックリスト]
出来事
1 配偶者の死 100
2 離婚 73
3 夫婦の別居 65
4 留置所などへの拘留 63
5 家族の死 63
6 ケガや病気 53
7 結婚 50
8 失業 47
9 婚姻上の和解 45
10 退職 45
11 家族の病気 44
12 妊娠 40
13 性の悩み 39
14 新しい家族が増える 39
15 転職 39
16 経済状態の変化 38
17 親友の死 37
18 職場の配置転換 36
19 夫婦ゲンカ 35
20 百万円以上の借金 31
21 担保・貸付金の損失 30
22 職場での責任の変化 29
23 子供の独立 29
24 親戚とのトラブル 29
25 自分の輝かしい成功 28
26 妻の転職や離職 26
27 入学・卒業・退学 26
28 生活習慣の変化 25
29 習慣の変化 24
30 上司とのトラブル 23
31 労働時間や条件の変化 20
32 転居 20
33 転校 20
34 趣味やレジャーの変化 19
35 宗教活動の変化 19
36 社会活動の変化 18
37 百万円以下の借金 17
38 睡眠時間の変化 16
39 家族団らんの変化 15
40 食習慣の変化 15
41 長期休暇 13
42 クリスマス 12
43 転校 11
ストレス値合計(1年間)が
300点以上の人の約8割、
200〜300点の人の過半数が
何らかの変調をきたす可能性が大きい

≫医メール一覧へ

ライフエイドカイロプラクティック / 電話:03-3772-5585 / 〒143-0026 東京都大田区西馬込2-2-1 小沢ハウス101